お仕事をお探しの方

派遣(登録)者の声

「派遣」はかけがえのない経験

20代男性仕事をするモチベーションや目標は人によってさまざまだと思います。自分の場合は、小さいころからの夢だった資格取得のための勉強と生活の手段としての就労を両立させることが課題でした。最初のうちは仕事は生計のためと割り切っていましたが、次第にその仕事が、勉強とともに生活のリズムのひとつになってきました。汗を流して報酬を得るのは尊いということ、そして、健康で働けるのは幸せだということも実感できるようになりました。「派遣」という選択肢がもしも社会になければ、このような意義のある体験はできなかったかもしれません。「派遣」は自分の場合、たしかに生活費を得る手段のひとつですが、自分の人生にとってかけがえのない経験のひとつでもあったと断言できます。

親身に応対してくれた担当者

30代女性人材派遣会社はどこも同じだという先入観がありました。ですから、初めて来社したときは、登録だけさっさと済ませ、用が終わればすぐ家へ帰ろうと思っていたんです。でも、最初に会って応対してくれた担当者の言葉や態度に接して、派遣会社に対するイメージが大きく変わってしまいました。それまで私は、人材派遣会社というと、極端にいえば、人をモノのように登録して、モノのように扱うというイメージがあったのです。でも、この会社はまったくそうではなかった。人を大切にする思いやり、登録者の立場にたって物事を考えてくれる誠意とやさしさにあふれていました。本当に信頼できる会社に私は出会うことができ、そして今も、仕事に関するさまざまな相談に乗っていただいているのです。

前向きにワークスタイルを選ぶ

30代男性資格を持っていたので、それを活かした仕事に就きたいと思っていました。普通の人よりかなり遅い就職活動をするなかで、ふと気づいたことがあります。それは、世の中には実に多くの企業があり、職場があり、それぞれいろんな個性がある。けれども、自分が就職をするのはこの広い社会でたった1社で、そうなると、自分の可能性を限られた場所に閉じ込めることになるのではないかと。もちろん、世の多くの人々は、あたりまえのようにひとつの会社に勤めているわけですが、そのあたりまえのことが、自分には向いていないのではないかと思えたのです。自分は、意識的に、そして前向きに「派遣」というスタイルを選びました。さまざまな職場で働き、さまざまな人に出会える歓びがあります。経験値を高める手段でもあり、自分の将来への投資であると考えています。もちろん、仕事そのものに大きなやりがいがあることはいうまでもありません。

本当の自分を探していきたい

20代女性男女平等、機会均等といわれますが、それとは別の次元で、男性らしさ、女性らしさを活かした仕事というものがあると思います。そのこと以前に私は、自分らしさというものを考えます。本当に自分らしい仕事とは何なのだろう。それは、自分のためだけという意味ではなく、社会のために、人々のために自分に何ができるだろうということも含めて、自分に何ができるか、どんな仕事が自分らしいかということを考えます。派遣というスタイルは、自分がこうしたいという要望や意向を、100%ではないにしても、ある程度実現することができます。普通の仕事よりは自由度が高い。自分の意志を反映させることができる。そんな仕事の中から、ちょっと古い言葉でいえば「自分探し」をして、本当に自分のやりたいことを見つけていきたいと思っています。

ページトップへ