2019年入社東洋大学 卒業
生まれ育った
地元で、
信頼の架け橋に
なりたい。
太田営業所野口恵太

Profile

学生時代の地元でのボランティアをきっかけに、地元に貢献したいという気持ちが芽生える。大学では心理学を専攻した。セントラルサービスに入社を決意した決め手は、「信頼関係を大切に、人と企業の架け橋になれる」仕事だと魅力を感じたから。現在は生まれ育った太田市の営業所で、日々経験を積み重ねている。
学生時代の地元でのボランティアをきっかけに、地元に貢献したいという気持ちが芽生える。大学では心理学を専攻した。セントラルサービスに入社を決意した決め手は、「信頼関係を大切に、人と企業の架け橋になれる」仕事だと魅力を感じたから。現在は生まれ育った太田市の営業所で、日々経験を積み重ねている。

Voice

仕事を通して、誰かの人生の一部に関われる喜び

この仕事でやりがいを感じるのは、自分の仕事が誰かの人生の一部に関われたという実感を得られることです。実際に自分が仲介した派遣先での話ですが、長く勤めているスタッフさんが企業様から働きぶりを評価され、正社員の打診を受けたことがありました。スタッフさんも将来的には正社員を希望していたため、お互いの希望が結ばれ、無事に正社員になることができました。このように、自分のマッチングが企業様とスタッフさん双方にとってプラスとなり、win-winの関係を築けた時にはとてもやりがいを感じます。

大切なのは「客観視」と、正面から向き合う「誠実さ」

スタッフさんが派遣先で人間関係に悩んだりトラブルがあったりして、ご本人から相談を受けることがあります。そういったときは本人の話だけではなく、企業様の話も聞いて客観的に判断しつつ、本人の気持ちも否定しない思いやりが必要になってきます。働いている中で不満や愚痴が出てくるのは自然なこと。私たちが相談に乗ったりフォローすることが、長く仕事を続けてもらうためには大切です。難しいと感じることもありますが、人の価値観を認め、しっかりと向き合い誠実に対応することの積み重ねで、信頼関係が芽生えていくと思います。

地元で、みんなの頼れる架け橋になりたい

現在は太田営業所の配属で、生まれも育ちも太田市の私にとってはまさに地元です。お客様やスタッフさんとのやり取りはもちろん、地元で過ごす普段のプライベートの会話まで、人と関わる全てのコミュニケーションが、今後の仕事のヒントやきっかけにつながっていくと思っています。今後は地元出身ならではの強みを生かし、多くの人から仕事だけでなく何気ないことまで相談されるような、頼れる架け橋になることを目指しています。そのために日々、上司や先輩方から学ばせてもらい、精進していきたいと思います。目指すは「ミスター太田」!

One day

とある1日

8:00
出社
担当現場の巡回で午前中に3社ほど訪問。スタッフの出勤確認を行うほか、仕事の悩みや近況などについて話を聞く。お取引先の担当者から今後の生産状況や人員状況などを伺う。
10:30
事務作業
営業所に戻って契約書などの書類作成、メール確認、午後の予定の確認と準備など。
12:00
昼食
営業所の上司や先輩と近くの定食屋などでランチ。
13:00
職場見学
登録スタッフと合流し、お取引先の企業の現場を見学。仕事内容などの説明を一緒に受ける。
15:00
新規営業
事前のアポイントや飛び込み営業で訪問し、人材のニーズ・募集状況や生産状況などについて話を聞く。
16:00
人材選出
お取引先の求める条件に合う求職者を、登録スタッフの中から選出する。
17:30
事務作業
日報入力やメール確認、翌日のスケジュールの確認と準備を行う。
18:30
退社

Private

サッカー経験がありスタジアム観戦が趣味。また満員のスタジアムで観戦したいです。
地元の友人や東京にいる友人と食事に行くなどして、気分転換しています。
美味しいものが好きです。パフェなど甘いものや、お肉をがっつり食べることも。

Next

事務2020年入社

所長代理2012年入社